コンテンツ

  • 教区御遠忌
  • じゃがネット
  • 真宗同朋会運動
  • 北海真宗 バックナンバー
  • 新刊紹介
  • 岩田文庫 書籍一覧
  • ダウンロード
  • アクセス
  • リンク

同朋教化部門

研修部会

企画部会


<同朋教化部門幹事 岩城 芳文>

 第7期同朋教化部門は第6期からの体制を引き継ぎ、「研修部会」「企画部会」両部会にて、教区において必要とされる教化研修事業を精査しながらつとめてまいります。
 各部会にはそれぞれ「事業」というものがあります。その「事業」という言葉には「はたらき」「仕事」「なすべきこと」という意味があるようです。 このことを踏まえて改めて「教化研修事業」という言葉の意を思慮する時、第6期教化本部発足式にて現北海道教学研究所所長、亀谷 亨師から賜った「教化の主体は如来であります」というお言葉が想起されます。 それは事業に携わらせて頂くものはどこまでも如来教化のお仕事をお手伝いさせて頂くものであるという視座でした。
 如来の教化事業に携わる私が「なすべきこと」「仕事」とは聞法です。すなわちまず私一人が如来の教えに化され念仏もうすべき身として応えていくということが「なすべきこと」「仕事」として願われているのでありましょう。 そしてそのうえで、如来の教えに化されたものの中に生まれる課題や問いの促しの中「なすべきこと」、積極的に申すならば「せずにはおれない」事として、如来教化のお仕事の場を開くお手伝いをさせて頂くということが教化研修事業に携わるということなのではないかと考えます。 

GO TO TOP