コンテンツ

  • 教区御遠忌
  • じゃがネット
  • 真宗同朋会運動
  • 北海真宗 バックナンバー
  • 新刊紹介
  • 岩田文庫 書籍一覧
  • ダウンロード
  • アクセス
  • リンク

教化本部について

教化本部発足の願い(1999年)

教区教化委員会基本方針〜教化本部制の願い

教化活動の基本は、我々寺院に身を置く一人ひとりが、自ら聴聞し、教えを聞いていくことである。その際に、これまでのように「教区は何もしてくれない。本山は何をやっているのか。」という意識、発想を転換して、「私はこういうことをやりたいが、それについて本山、教区は何か良い方法を持っているなら教えてほしい。手伝ってほしい。」あるいは、「私がやることを妨げないでくれ」というように、主体的に取り組むことが求められる。本山から言われたから、教区から言われたから」と、文句は言いながらも結局それに頼り切ってきた中央集権的発想を転換して、教区の教化は教区人が責任を持って企画立案し、実行していくことのできる体制を持ちたいという願いのもと、新しい教化委員会(教化本部)は発足したのであります。


教化本部長 藤田彰美

※『北海真宗』1999年5月号より

教化本部員(第7期)

本部長 金石潤導(南第3組開正寺)

●専任講師
社会教化部門 金石晃陽(南第3組 光福寺)

●常任本部員
         
総務 仁禮秀嗣(第 1組 圓照寺)
総務 寺澤三郎(第13組 ア證寺)
総務 浅野世央(第 5組 樹教寺)
同朋教化部門幹事 岩城芳文 (第15組 敬信寺)
青少年教化部門幹事 阿部信人(第 1組 安楽寺)
差別問題研究部会部会長 澁谷真明 (第16組 聖台寺)
靖国問題研究部会部会長 相河朋昭 (第 6組 光明寺
社会問題研究部会部会長 金浦泰成 (第 7組 法輪寺)

●部会長
             
研修部会長 伊藤智秀 (第 4組 明徳寺)
企画部会長 義盛充香 (第20組 法薗寺)
青年研修部会長 森口至  (第 9組 眞宗寺)
少年研修部会長 圓谷淳  (第 8組 大乘寺)
ハンセン病問題班長 鷲山晶之 (第 1組 萬年寺)
死刑制度問題班長 鳥宮隆法 (第18組 興慶寺)
原発問題班長 高橋 怜 (北第3組 寶泉寺)

任期 2017年8月1日〜2020年7月31日



2017年度 教化研修基本方針

第7期教化本部発足にあたって

<教化本部長 金石 潤導>

 教区教化は教区人の手で」をスローガンに発足した教化本部も6期18年を経過し第7期を迎える事となりました。 この間、関係各位におかれましては、ご理解とご協力を頂き誠に感謝申し上げます。  今、第7期の教化本部がスタートするに当たり改めて問い返されるのは、この「教区教化は教区人の手で」というスローガンです。 当初は、転勤等が想定される教区教化委員長では北海道教区の中長期的教化の展望は計り難く、 更には堪えようのない宗門と教区との施策の乖離が教化本部の発足を待望したのだと認識していました。 しかし、待望されての発足といっても教区内も一枚岩ではなく、様々な批判を受けながら試行錯誤の船出であったと記憶しています。 只、教化本部発足によって生じたのは、教区会はもとより組、寺院と教化本部との間に、 お互いに無視することのできない緊張関係が構築された事だと思います。 教化予算は、ご門徒の浄財である事を忘れてはならない」と叱咤され、予算執行に対する厳しい指摘や教化施策に対する 批判を受ける事もあります。 しかし、この緊張関係こそが、教化事業に主体的に携わるという事と、教区内に対して責任を持つ事を促した大きな役割であったと実感いたします。 第7期教化本部もこの緊張関係の中、事業の立案、実施に取り組んでまいりたいと思います。


 さて宗門は、その本分を本願念仏に生きる「人の誕生」と、仏法を相続していく「場の創造」として掲げ、 2014年度からの9ヵ年を三期に分け、2016年度までの第一期を「自己点検と課題の共有」の期間と位置づけ、 その結果@教化の最前線(寺院・組)の活動をサポートする事業への転換、A事業の選択と集中、 B一ヶ寺の活性化に資する教化体制の見直し、に向けて動きだしており、本年度からの第二期を 「組を基軸とした僧侶と門徒の共学の場、共同教化の具体化」として取り組む事が公表されています。 教化本部といたしましては、宗門を勘案しながらも決して設計主義に陥らないよう念に掛けてまいりたいと思います。 それは「歎異抄」の言葉に「弥陀の御もよおしにあずかって、念仏申しそうろうひと」とありますように、 如来の教えに化される人の誕生こそが願われているのであって、今なお活力を持って歩む現場の邪魔になってはならないと思慮するからであります。


 第7期教化本部は、宗門人として担うべき課題は担い、真宗寺院として護るべき伝統は護り、 失ってしまった活力は回復するよう努力し、それでいて寺院・組の特色に叶うよう現場重視を念頭に 教区教化の在り方を模索してまいりたいと思います。




北海道教区教化委員会 組織図

7期教化本部組織図(クリックして下さい)




GO TO TOP