『R-20の集い』開催!

9日から10日まで青少年研修センターを会場に『R-20の集い』が開催されました。

20代の男女21名が参加され、今回のテーマである『「悩むことはいいことだ」~そのことにうなずけない私~』について講師の巖城孝行氏(札幌市 専修寺)よりお話しがありました。そのお話しをうけてのパネルトークや懇親パーティーなどで盛り上がりを感じながら無事に研修会は終了。
20代ということで社会人の方も多いことから途中参加を認めることにより、参加しやすい研修会になったようです(^o^)

ハンセン病問題班①

1日、ハンセン病問題班の第1回実行委員会が開かれました。
最初の実行委員会ということで前班長より前期の活動内容の報告がされました。
その中で、「知識だけ積み上げればいいというのは意味はない。ハンセン病問題とどう関わるのかと考えることが大事です。一人の人間として芯をもって活動してほしい」という言葉を班員に投げかけていただきました。
その後、引き続き今年度の事業計画の作成を行い、最初の実行委員会は終わりました。

 

 

 

 

『新任教師研修会』開催!

6日から8日まで青少年研修センターを会場に『新任教師研修会』が開催されました。

教師取得5年以内の僧侶19名が参加され、教学を通しての自身の向き合い方や僧侶としての在り方。また声明の基礎などを学びました。
また特別講義として教化本部社会教化問題研究部会の死刑制度問題班班長に死刑制度から問われる課題や班の取り組みなどが紹介されました。

真宗教義 中野誠二 氏(17組 大昭寺)
声明作法 宮本尊文 氏( 4組 顕浄寺)
特別講義 鳥宮隆法 氏(18組 興慶寺)

足元注意です!

札幌はこの時期にしては珍しく積雪がほとんど無い状況です。
しかし日の当たらない歩道は大変滑りやすくなって危険です(>_<) これから夜も歩くことが多い時期となりますので、歩きも車の運転もいつも以上に注意しないといけないですね(^o^)

『寺属小中高生の集い』2日目!

『寺属小中高生の集い』2日目は、みんなで作成した打敷を本堂に飾り、自分で作った念珠をかけて朝のお勤めから始まりました。
初日に引き続き竹村貴士氏におはなしをしていただき、清掃して解散。
また来年も集まる約束なんかもしたのかな?(^_^)

『寺属小中高生の集い』1日目!

2日より一泊二日の日程で『寺属小中高生の集い』が開催されています。
今回の制作は念珠作りと、参加者20名の手形で模様をつけた打敷を作りました。
明日のお朝事は手形の打敷を飾って、自作の念珠でお勤めをします。
お話しの講師は竹村貴士氏(遠軽町常樂寺)で『「お寺ってなぁに?」~手を合わせるということ~』をテーマにお話しをいただいております。