月別アーカイブ: 2018年2月

『教区教化懇談会』開催!

26日、教務所において教化本部主催による『教区教化懇談会』を教区会正副議長と学事教務正副委員長、教化本部の常任本部員・部会長・班長にお越しいただき開催されました。
まず北海道教学研究所所長の亀谷亨氏より「親鸞聖人における教化~いかなる時代に、何者である自分が、どのような態度決定をするのか~」をテーマに講義をいただきました。
講義後は、それぞれのお預かりの立場から教化に関する意見や講義を受けた感想を出し合い教区教化に携わるものとしての責務を確認しました。

亀谷氏の講義内容につきましては後日、北海真宗などでお伝えする予定です。

東本願寺会館 公開講座

21日、教務所に於いて2月の公開講座が開催されました。
講師に佐々木強 氏(札幌市 栄光寺住職)をお迎えし、 「弥陀と何処で遇のか」を講題にお話をいただきました。
次回の講座は3月26日18時より石原真衣 氏(北海道大学博士課程在学)をお迎えいたします。是非、ご聴聞下さい。

社会問題研究部会3班合同学習会①

社会問題研究部会の3班(ハンセン病問題、死刑制度問題、原発問題)による合同学習会が、専任講師金石晃陽氏を招き開催されました。

今回が第一回目ということで、金石氏から真宗大谷派の僧侶が社会問題に携わる意味と具体的に『浄土論註』から学んでいくということを班員にお伝えいただいた。

その後、質疑応答、全体座談、会場を移動して懇親会が行われました。

次回の合同学習会は、4月16日を予定。

2018所員旅行 in 三重

17日から19日まで所員旅行として三重県を訪れました。
三重県松坂市は『北海道』の名付け親とされる松浦武四郎生誕の地でもあります。
そこにある松浦武四郎記念館で記念館職員による説明と多くの資料を見学。
松浦氏の生涯と偉業を学ぶことが出来ました。
他にも伊勢神宮など数カ所を見学し、美味しい食事も堪能しました。(^_^)

明日、20日より教務所は通常業務となります。

松浦武四郎記念館ホームページ

『東北被災地視察』ご案内

間もなく東日本大震災から7年が経とうとしています。
じゃがネットでは毎年、夏休みを利用した保養事業のお手伝いをしていますが、改めて被災地の現状を知るべく『東北被災地視察』を下記の日程で行います。
どなた様でも参加できます。関心のある方も、まだ一度も訪れたことのない方も是非この機会に現地を訪れてみませんか?

日程    2018年3月4日(日)~6日(火)
募集人数  10名程度
参加費   40,000円~50,000円
申し込み  岸田 理(室蘭市 浄誓寺 0143-22-3375)

※詳しくは『北海真宗』1月号をご参照下さい。