親鸞Web | 真宗大谷派 北海道教区 教化本部のホームページ

HOME書籍紹介はじめてふれる親鸞聖人伝絵(御伝鈔・御絵伝)

はじめてふれる親鸞聖人伝絵(御伝鈔・御絵伝)

はじめてふれる方に、『親鸞聖人伝絵』の入門書

著者:沙加戸 弘 (著)
発行年月日:2020/03/13
ページ数:104
判型:B5判型:A5
価格¥1,650 (税込)
【内容】
浄土真宗の宗祖・親鸞聖人の生涯を表した初の伝記は、『親鸞伝絵』という絵巻物です。これは、親鸞の曾孫にあたる本願寺第三代・覚如上人が制作したもので、親鸞の生涯の主要な出来事20場面が、文章と絵で交互に表されています。
本書は、絵巻物『親鸞伝絵』に従って本文と絵を順番どおり交互に掲載しております。特に絵においては、『親鸞伝絵』に造詣の深い沙加戸弘大谷大学名誉教授による詳細な説明・解説を1場面ずつに掲載し、さらに本文には沙加戸氏による親しみやすい試訳(現代語訳)を付けています。
覚如上人が、親鸞聖人が説いた本願念仏の教えを後世に伝えるため、渾身の思いで制作された『親鸞伝絵』に込められた願いを味わう1冊。『親鸞伝絵』に初めてふれる方に最適な入門書で、報恩講のお参りに必携です。

[ 2020.05.01 ]