親鸞Web | 真宗大谷派 北海道教区 教化本部のホームページ

HOME教化本部とは

教化本部とは

教化本部発足の願い(1999年)

教化活動の基本は、我々寺院に身を置く一人ひとりが、自ら聴聞し、教えを聞いていくことである。その際に、これまでのように「教区は何もしてくれない。本山は何をやっているのか。」という意識、発想を転換して、「私はこういうことをやりたいが、それについて本山、教区は何か良い方法を持っているなら教えてほしい。手伝ってほしい。」あるいは、「私がやることを妨げないでくれ」というように、主体的に取り組むことが求められる。本山から言われたから、教区から言われたから」と、文句は言いながらも結局それに頼り切ってきた中央集権的発想を転換して、教区の教化は教区人が責任を持って企画立案し、実行していくことのできる体制を持ちたいという願いのもと、新しい教化委員会(教化本部)は発足したのであります。

教化本部長 藤田彰美
※『北海真宗』1999年5月号より

教化本部について

北海道教区の教化本部は下記3つの部門とその配下の7つの部会にて構成されております。

同朋教化部門 研修部会 僧侶育成の責務を担い教区教化の研修の場を企画立案。
企画部会 法縁の過疎を主要なテーマとして、教区の担うべき喫緊の課題について取り組む。
青少年教化部門 青年研修部会 青年が抱える課題を検討し参加者と共に学んでいく場を企画立案。
少年研修部会 お寺にご縁を持つ子ども達と共に学んでいく場を企画立案。
社会教化部門 差別問題研究部会 北海道教区の歴史における差別問題について研究する。
靖国問題研究部会 靖国という問題をそれぞれの身近な視点から研究する。
社会問題研究部会 「ハンセン病・死刑制度・原発」の問題において現在見失われている一人の存在に耳を傾け学んでいく。
広報 『親鸞web』に対する問い合わせや、教区・組の情報掲載を希望される方は、こちらからご連絡をお願いします。
hokkaido.kouhou@gmail.com
※こちらは広報へのメールアドレスです。北海道教務所へは届きませんのでご注意下さい。

教化本部部員

任期:2017年8月1日~2020年7月31日

本部長金石潤導(南第3組開正寺)
専任講師社会教化部門金石晃陽(南第3組 光福寺)
常任本部員総務仁禮秀嗣(第 1組 圓照寺)
総務寺澤三郎(第13組 敎證寺)
総務浅野世央(第 5組 樹教寺)
同朋教化
部門幹事
岩城芳文(第15組 敬信寺)
青少年教化
部門幹事
阿部信人(第 1組 安楽寺)
差別問題研究
部会部会長
澁谷真明(第16組 聖台寺)
靖国問題研究
部会部会長
相河朋昭(第 6組 光明寺
社会問題研究
部会部会長
金浦泰成(第 7組 法輪寺)
部会長研修部会長伊藤智秀(第 4組 明徳寺)
企画部会長義盛充香(第20組 法薗寺)
青年研修
部会長
森口至 (第 9組 眞宗寺)
少年研修
部会長
圓谷淳 (第 8組 大乘寺)
ハンセン病
問題班長
鷲山晶之(第 1組 萬年寺)
死刑制度
問題班長
鳥宮隆法(第18組 興慶寺)
原発問題班長高橋 怜(北第3組 寶泉寺)

2019年度 教化基本方針

第7期教化本部最終年度にあたって

  第7期教化本部も最終年度を迎え、各部門、部会では、それぞれに課題を精査し方向性を持って取り組んでまいります。
 同朋教化部門・研修部会では例年の事業に加え、『観経』にある「是栴陀羅」の文言について、公開学習会を企画いたします。一切衆生の平等の救いを説か れる経典において差別表現があることを、どのように受けとめていくのかを考えてまいりたいと思います。  同・企画部会は、二ヵ年に渡り我々の現場である寺院における「法縁の過疎」という課題に取り組んできましたが、その問題の根に世襲(制)があり、同 朋会運動においても見過ごしていた経緯があると考えます。課題共有を図るため公開講座を開催いたします。
 青少年教化部門は、北海道教区における教化の原点と認識しております。それは、親鸞聖人御誕生800年を記念して発足した青少年教化要員に端を発し、 各地に子ども会活動が起こされ、多くの青少年教化を志す若手を輩出してきました。以来、教化本部に引き継がれ、現在に至りますが、これからも変わらず 尽力してまいります。
 社会教化部門、その基本的姿勢は北海道教区選書Ⅲ『死刑のある国ニッポン』中の森達也氏の発言に集約されると思います。要約すると「浄土真宗の歴史は 、部落差別に加担するし、ハンセン病差別には加担するし、戦争の際にも旗振って応援するし、どうしようもないですよ。親鸞は嘆いていますよ。大きなお 寺造って。親鸞がもしここに居たら、すぐに『火をつけて燃やせ』って言うんじゃないですか。とにかく親鸞以降の浄土真宗は、間違いばかり重ねてきた。 でも、今の真宗は、自分たちの過ちを隠さないですね。負の歴史を直視する。うるさいぐらい反省の声を上げてくれる。これは大事なことです。」というも のです。教化本部はこの言葉に共鳴を覚えます。  社会教化部門は現在、それぞれのテーマに添って、学習研鑽を行っております。その内実は社会批判や運動といった質ではなく、教法に触れたものが、世 を厭い痛ましく感じ、現実を審らかにしようとする取り組みであります。 各組において社会教化の一助として、ご活用頂ければ幸甚に存じます。
 本年度は第7期教化本部最終年度に当たり、教区教化の課題を整理し第8期に引き継いでまいりたいと思います。教区内の皆様には今後とも変わらぬ、ご 理解とご協力をお願い申し上げます。
教化本部長 金石 潤導

組織図

組織図