親鸞Web | 真宗大谷派 北海道教区 教化本部のホームページ

青年研修部会

青年研修部会長 森口 至

「まず、動くことから始める」
 私が、この青年研修部会に携わってから6年が経ちました。この青年教化の現場に携わる中で、ある先輩がおっしゃられていたことは「仏法って大事な教えだなって感じないか。そう感じるなら青年教化を始めたらいいよ。」という言葉でした。その言葉は、「仏法という大切な教えを一人で聞くのは勿体ない。そう思うなら多くの人と聞いていきたいと思うはずである。そして、自信をもって青年層に声を掛けていけるはずである。」と、そういうことではないかと思います。それは現状に胡坐をかき、重い腰が上がらない者に対して問う言葉であったと感じます。ここに我々の大きな問題があるのではないでしょうか。そこで今年度の活動テーマとして「まず、動くことから始める」ということを掲げたいと思います。
 今年度の青年研修部会は、前期に引き続き、『R-20の集い』、『青少年教化担当者研修会』、そして年3回の『青年特伝』の三事業を実施してまいりたいと思います。
 近年、私たちを取り巻く生活環境の中には、貧困であったり、精神疾患であったり、学習・発達障害であったりと様々な問題が溢れています。そのような生活環境での悩みや、普段膝を突き合わせて話すことができない問題を、研修の場で課題として共有できるのがお寺の担うべき役割ではないでしょうか。お寺が担うべきものは開かれた場の創造と参加者と共に教えに学ぶ場の創造ではないかと思います。そのためには、各事業において「積極的に声を掛けていく」ことを第一に動いてまいりたいと思います。また、各事業の実施にあたっても一つひとつ願いを確かめ、このテーマを原動力としながら、青年研修部会実行委員と教化事業の参加者と共に教えに学ぶ場を丁寧に創造してまいりたいと思います。
教区内の皆様におかれましては、ご理解ご協力の程、宜しくお願い申しあげます。

青年研修部会員 
( 任期:2017年8月1日~2020年7月31日 )

部会長森口 至(9組 眞宗寺)
実行委員秦 智秀(北3組 正覚寺)
巌城孝一(4組 極楽寺)
山本 了(16組 圓滿寺)
中村法暁(17組 法運寺)
小川大授(19組 乗光寺)

2018年開催事業

R-20の集い
日時2018/11/10(土) ~11(日)
内容【テーマ】私の満足はどこにあるのか?

【内容】開会式・お夕事・法話①・座談会・懇親会・お朝事・法話②・閉会式

【事前会議】2018/8/1(水) 於 教務所 
所感・報告昨年度と比較すると参加人数が減少した。「その原因は何か」ということを考え、参加奨励の方法はもちろんのこと、開催日や日程の変更、対象年齢などの見直しが必要であり、検討していかなければならない。
今回のように少数の参加の場合、参加者一人ひとりと密に関わることはできるが、やはり一人でも多くの人に参加してもらいたいと感じた。この「R-20の集い」が青年層の方々と共に仏法を聴聞し、そして普段語り合わないような話をお互いにしていける場にしていきたいと思う。
青少年教化 担当者研修会
日時2019/1/30(水) ~31(木)
内容【テーマ】共に

【内容】開会式・問題提起・講義①・座談会・お夕事・夕食兼懇親会
お朝事・講義②・協議会・閉会式

【事前会議】2018/11/11(日) 於 青少年センター

所感・報告次年度も実行委員(部会長を含む)からの問題提起より「青少年教化担当者研修会」が始まっていく形を取っていきたいと思う。まず我々スタッフが青少年教化活動に携わる中で見出されてきた自身の課題を見つめ直して、参加者とその課題を共有していくことが当研修会の開催意義ではなかろうか。
名畑先生の講義で聞くということは「本気で何かを語ろうとする姿勢を聞く」という言葉に感銘を受けると同時に、自分にとってわかるかわからないかで話をそのものを裁いている私自身に胸が痛くなった。
また今回スタッフとして関わらせていただく中に参加者の感話や座談会での声を通して思うことは、「教化とは何か。」ということを改めて考えていく研修会にしていきたいと感じた。
青年特別伝道 (第5組光臺寺)
日時2018/10/27(土)
会場第5組光臺寺
内容【テーマ】あなたは身近な人をどのように送りますか?

【内容】開会式・葬儀の前に(おはなし)・模擬お通夜・真宗の葬儀について(法話)・グループトーク・閉会式・懇親会

【事前会議】2018/9/18(火) 於 第5組光臺寺
所感・報告内容の中の「葬儀の前に」というものは、人が亡くなってから葬儀までの流れや手続き、そしてどんな準備をするしたらよいのかということを若院様よりお話しいただいた。その話しは、「新十津川ではこのような流れで葬儀が行われている」とか、「新十津川では葬儀の前後にはこのような手続きや準備が必要である」などの内容であり、若院様が役所などに問い合わせをし、事前に資料を集め、下調べを入念に行い、地域に密着した内容であった。
私自身も法話の場をいただいて「真宗の葬儀について」というテーマについて改めて「真宗の葬儀とは何か」について考えさせられる機縁となった。
グループトークではお坊さんに対しての質問などもあり、オードブルとお酒を囲んで温かい雰囲気での青年会であったと思う。
青年特別伝道 (第16組 圓滿寺)
日時2019/6/8(土)
会場第16組 圓滿寺
内容【テーマ】仏教ってなんだろう?

【内容】開会式・勤行・法話・閉会式・懇親会

【事前会議】2019/5/27(月)
※スタッフの急な法務の都合により電話による会議となった。

所感・報告「一ヶ寺での青年会」ということと「継続」ということを考えた青年特伝であった。「自語り」をし、子育て世代の参加を考え、「子ども会」を併設した。明るい寺属の振る舞いと参加者との普段の生活でのつながりを感じ、とても和やかな雰囲気があった。きっと継続に繋がっていくことであろうと思う。
また、法話を聞かせてもらう中に「他人なんかどうでもいい。自分さえよければそれでいい。」という講師の話に、私は自分の都合を最優先にし、いざとなれば他人どころか家族さえ利用していくような存在であること見失いながら生活していることに気づかされることであった。

青年特別伝道 (第12組 光壽寺)
日時2019/6/29(土)
会場第12組 光壽寺
内容【テーマ】仏教ってなんだろう?

【内容】開会式・勤行・法話・閉会式・懇親会

【事前会議】2019/5/27(月)
※スタッフの急な法務の都合により電話による会議となった。


所感・報告「一ヶ寺での青年会」ということと「継続」ということを考えた青年特伝であった。「自語り」をし、子育て世代の参加を考え、「子ども会」を併設した。明るい寺属の振る舞いと参加者との普段の生活でのつながりを感じ、とても和やかな雰囲気があった。きっと継続に繋がっていくことであろうと思う。
また、法話を聞かせてもらう中に「他人なんかどうでもいい。自分さえよければそれでいい。」という講師の話に、私は自分の都合を最優先にし、いざとなれば他人どころか家族さえ利用していくような存在であること見失いながら生活していることに気づかされることであった。

青年特別伝道 (北第3組 曉了寺)
日時2019/6/30(日)
会場北第3組 曉了寺
内容【テーマ】とりあえずお寺に来い!~若い人達が寺に来るとき~

【内容】開会式・法話・閉会式・懇親会(バーベキュー形式)

【事前会議】2019/6/4(火) 於 北海道教務所

所感・報告参加者の声を聞きながら、きっと若院は普段の生活の中で人との交わりを大切にしているのであろうと感じた。青年特伝の当日、準備や手伝いの場には必ず若院や若坊守の仲間がいた。
 ご講師のお話しの中でテーマにある「若い人とは何か。」ということを挙げられていた。年齢ということだけではなく、お寺は自身のことを真剣に聞く場であり、今まで知らなかった自分を発見できる場であることを伝えていたのではないか。いつでも新しい自分に出あえるとするならば、いつでも若い心のままでいられる場がお寺であることを聞かせていただいた。
 参加者の「またやろうよ。」の声に促されながら、次回の開催につながっていけば「継続」ということにもなるであろう。その支援を教区の方でも後押ししていきたいと思う。
全体総括
内容【全体総括】部会長も実行委員も、それぞれに青年特伝の開催寺院探しを積極的に行い、推し進めていかなければならないと感じる。もちろん一事業一事業を丁寧にやるというのは大前提ではあるが、まずは青年会を開催してもらうことが大事なのではないか。なぜなら一ヶ寺における課題や問題は行ってみて初めて明らかになるものであると私は感じるからである。いろいろなことを頭の中だけで想像して「できるか、できないか」というのは、机上の空論なのではないか。
実際に動いてみて、初めて見える景色がある。担当研の折に、中野誠二氏が「青少年教化が気になり続けるということが大事なのではないか。」という言葉を仰っていた。それは青少年教化に関わって、実際に行動して、教化の場を開いた者の上に起こる自らの課題であろう。青年特伝を利用して青年会の継続というところまで結びついていけば本望ではあるが、打ち上げ花火でも必ず開催した者の胸に刻まれるはずである。私たち青年研修部会が担う仕事は、青年特伝を通した青年教化活動の推進であり、同時に自坊での青年教化の実践なのでしょう。
もう一つ大事なこととして、教区の教化事業もご門徒の浄財によって成り立っているということである。その浄財を予算としてお預かりして青年教化事業が行われていることに一人ひとりが責任を持たねばならない。部会長も実行委員もこのことを共有し、また念頭に置きながら、次年度の各教化事業に取り組んで参りたいと思います。そして、次年度、次々年度の青年特伝の開催寺院を最低一人一ヶ寺は見つけていただく方針で進めて参ります。
所感・報告【次年度への課題】「青年特伝」については、部会長も実行委員も開催寺院探しを積極的に行っていく。それは次年度だけではなく、次々年度なども見越して声をかけて、探していくということである。同時に、開催奨励を呼びかけるということは、私自身も自坊や組という現場で青年教化の場を開いていく役割を担っているということである。
「R-20の集い」については、前年度より参加者が減少したので、どうして減少したのかを考え、日程の変更や調整を検討し、内容の吟味を行っていく。
「青少年教化担当者研修会」については、青少年教化活動を通しての部会長や実行委員の課題を問題提起し、青少年教化活動に携わる方々とその課題を共有し、教えに学んでいくということを次年度も続けていく方針である。

2017年開催事業

青年特別伝道
日時未定
会場未定
内容一般型を3ヶ寺で開催する。企画型での開催も。
青少年教化サポート活動
日時未定
会場未定
内容教区内の人員を派遣し、各寺院・組・地域単位の青少年教化活動の活発化を図る。
R-20の集い
日時12月9日(土)~10(日)
会場青少年研修センター
内容未成年対象からのつながりを保つ事業の開催を通して、各寺院に青少年強化活動の活性化を促す。
所感・報告今年度は「悩むということはいいことだ」~そのことにうなづけない私~というテーマ のもと開催されました。
 このテーマに至った背景には、「教えを聞く中で、私にとって悩みが消え去ることが救 いなのではなく、むしろ悩みを活かす道があるのだと教えられてきた。しかし、悩みに直 面した時には、その悩みを消し去りたい自分がいる。」そのような葛藤の中、若い世代の 参加者と共に、その課題を共有したいという願いがあってのことでした。
 法話の中で、御講師の巖城先生は、
「私達は人として生まれた以上、常に何かを求めている。しかし、その求める方向性に問 題がある。いつも私達は自分の思い通りにしたいという方向に向かっているが、そのこと が思い通りにならないところに「悩み」が生じる」と、御自身の生活を通しながら語って 下さいました。そしてまた、地獄・餓鬼・畜生の無い世界を誓われた法蔵菩薩の願いと真逆 の方向を向いて生きている自分自身の姿、さらにその自分の姿が問われることの大切さを ご教示下さり、そのきっかけとして「悩み」というものがあるのだと教えて下さいました。
 講義後の座談会は「パネルトーーーク」と題して、「わたしのささやかな悩み」、「忘 れられない、あの人の一言」、「あなたの命があと1日だとしたら、何をしますか?」な どと書かれたパネルを用意し、気になるパネルを選んで話し合いのきっかけとするという かたちで行われました。
 座談会でも言葉が尽きることはありませんでしたが、その後の懇親パーティでは、少々 お酒を酌み交わしたということもあって、さらに深く言葉を交わすことができたように思 います。
 この集いを通して、それぞれの参加者が異なる環境で生活する中で、色々な人と出会い 、色々なことを感じ、そして多かれ少なかれ悩みを抱えながら生活しておられるというこ とを感じました。そしてまた、私達に先だって悩み、先に道を歩んで、足跡を残して下さ っている先達がいることの頼もしさも、あらためて感じさせて頂きました。
 その先達の言葉を、この研修会の参加者はもとより、参加することの出来ない地元の方 々とも共に聞き続けたいと思っております。
青少年教化担当者研修会
日時1月30日(火)~31日(水)
会場青少年研修センター
内容各組・別院の青少年教化担当者がセンターに集い、青少年教化のあり方を教えに学ぶとともに、情報交換や子供会を開催する際の注意点を再確認する。
所感・報告 今年度、新たに第7期教化本部が発足しました。その今期初回となる「青少年教化担当者研修会」が 、2018年1月30日から31日にかけて青少年研修センターで開催されました。当研修会は、各組 ・別院の青少年教化担当者を中心として参加者を集い、青少年教化の在り方を教えに学ぶと共に、それ ぞれの活動や情報交換をする場として開催されています。また今年度は全道各地より41名のご参加を 頂きました。
 今年度は、教化本部だけではなく、各組・別院においても、各教化事業担当者の改選の年でありまし た。そのため、参加者の中には、初めて青少年教化に携わる方もおられました。その中で、今一度青少 年教化活動を行う意義と、青少年教化に携わってきた諸先輩が、何を大切にし、何を願いとしてきたの かを確かめていきたいという思いから、「青少年教化活動の意義とその魅力とは?」というテーマを立 てさせて頂きました。またそのテーマを深めるにあたって、ご講師として第20組正念寺の波佐谷見正 師をお迎えして、講義と座談会ということを中心に研修会が行われました。
 初日には、まず実行委員からテーマについての問題提起がありました。それは「青少年教化に携わっ ているが、気が付けば子ども会や青年会を一事業として、ただひたすらに消化し、こなすことだけに留 まっているのではないか」という内容でありました。 その問題提起を受けて、波佐谷先生ご自身が青少年教化から教えられたこと、人との出あいを通して 教えられたことについてお話して下さいました。特に、「憶念」という言葉から、「今の自分を突き動 かしてくれるのは、青少年教化の中で出あった人や言葉であり、その記憶を思い返す中に突き動かされ ることがある」というお話がありました。その言葉を聞き、青少年教化の中に、何か特別な意義や魅力 があるから、青少年教化を実施するということではなく、そこに携わってきた人たちが青少年教化を通 して大切な事柄を教えられてきた。そこに、意義や魅力ということがあるのだと受け止めさせて頂きま した。
 2日目には、協議会の時間を設け、企画調整局参事の松田亜世氏から、本山や他教区の青少年教化の 現況報告をして頂き、全体協議の中では、事前にアンケートを行った中から「青少年教化を行う中で、 必ず話し合われること、注意していること」について話し合われました。その中で、「自分の組では問 題視していなかった新たな発見もあった」という声もあり、改めてこの研修会が様々な役割を担いなが ら行われている研修会であるのだと強く感じました。