親鸞Web | 真宗大谷派 北海道教区 教化本部のホームページ

差別問題研究部会

差別問題研究部会長 澁谷 真明

「北海道開教150年」の検証
 「平成31(2019)年、北海道教区は「開教150年」を迎える。
もともと「北海道」は、先住民族アイヌの人々がアイヌ・モシリ(人間の暮らす静かな 大地、の意)と呼び、「カムイ」と共に暮らしてきた土地である。その土地に明治維新以 降、和人が陸続と入植、それに伴い設立、維持されてきた大谷派寺院の数は今や北海道全 域に約〇〇か寺。そして、その事業は教団内にあって、「歴史的偉業」としてこれまで概 ね認識、伝統されてきた。
 しかし、この歴史理解には大きな注意が必要である。なぜなら、和人による「開拓 150年」の歴史は、先住民アイヌの人々にとっては、その土地、母語、生業といった生 活基盤を収奪されてきた「和人隷属の150年」の歴史とも重複するからである。
数々の大谷派寺院の堂宇が建つ境内地はどのような経緯で取得されたのか。さらに、そ こで説かれてきた教えは、アイヌの人々の生活をも幸せにしてきたものであったのか。「 北海道開教は偉業」としてきた私たちは、その根拠をどこに見定めてきたのだろうか。 「開教150年」を迎えようとする今、その検証作業の必要性を切に感じている。

差別問題研究部会員 
( 任期:2017年8月1日~2020年7月31日 )

部会長澁谷真明(16組 聖台寺)
実行委員熊澤 覚(4組 大満寺)
藤原顕弘 (14組 還来寺)
竹村貴士(15 組常樂寺)
澁谷界雄(20組 龍谷寺)

2017年度開催事業

第1回実行委員会
日時10月6日(金)
会場教務所
内容顔合わせ
今期学習の方向性について協議
第2回実行委員会
第3回実行委員会
第4回実行委員会
第5回実行委員会