親鸞Web | 真宗大谷派 北海道教区 教化本部のホームページ

靖国問題研究部会

靖国問題研究部会長 相河 朋昭

靖国問題に学ぶ~諸仏の声を聞く~
様々な社会問題があるが、その多くの問いは自分の身にふりかからなければなかなか自己の課題とならない。戦後(敗戦)七十二年の年になるが、その悲しい歴史の中を生きてこられた方々も少なくなるなか、私たちは戦争の歴史をどこまで学び知っているのでしょうか。知らないが故にわからない、わからないが故に無関心なのが今日の私の姿である。
 先日、いつものようにご門徒さんの月命日にお伺いさせていただいた。お参りが終わりお茶をいただいていると、初めて自分の父親が東南アジアの小さな島に出兵し亡くなられたお話しを聞かせていただいた。小さい時に父と分かれた寂しさや戦死した父のお骨が帰ってきても、中には石ころしか入っていなかった時の家族の深い悲しみ。今でも、地域の寺社や仏教会などで追悼法要が勤まれているが、未だ南国の小さな島に眠っていると思うと心が痛いと教えてくれた。
 後ではないのかもしれない。これから当部会では、靖国という問題をそれぞれの身近な視点から学び、どのような問いが自分の課題となったのかを学びあいながら、亡き人の声を「諸仏の声」として聞き開く歩みをしていきたいと思います。

靖国問題研究部会員 
( 任期:2017年8月1日~2020年7月31日 )

部会長相河朋昭(6組 光明寺)
実行委員江隈 智(南3組 廣徳寺)
足利智文(9組 法養寺)
山名万里(17組 淨蓮寺)
鍵主俊明(19組 聖光寺)

2017年度開催事業

第1回実行委員会
日時10月5日(金)
会場北海道教務所
内容・顔合わせ
・今期学習の方向性について協議
所感・報告第7期靖国問題研究部会が4名の実行委員と共に新たに歩みだしました。
初めての実行委員会では、自己紹介と「靖国と私」というテーマをもとにそれぞれが課題としていることを発表しました。
例えば、自己の信心の問題や北朝鮮ミサイル問題。靖国問題は「外の問題」か「内なる問題」なのか。中島岳志氏の『親鸞と日本主義』について化身土巻を中心にたずねつつ考えていきたいなどがあげれ活発な語らいの場になりました。 これから3年間、それぞれの課題を大切にしながらそこに流れている共通した問題を部会として形にしていきたいと願いました。
第2回実行委員会
日時12月18日(月)
会場北海道教務所
内容・学習テーマを協議
・現地学習の日程調整
所感・報告当部会の方向性を考えるため、部会全体の課題としてのテーマがないか話し合われた。
キーワードとして「戦時教学」「自分が糾弾される側」「彼らと我ら」などか出たが、 靖国の深くて広い問を考え学んでいくと、出口のない袋小路に陥りどこに問題があるのか分からず暗くなります。
前期主宰の公開フォーラムにお迎えさせていただいた中島氏と佐野氏の示唆を大切に自己の「内なる靖国」を問題としながら、 暗くならずに「ただ念仏して、弥陀にたすけられまいらすべし」。 弥陀にたすけられなければならない身の自覚を忘れずにテーマを「内なる靖国」~弥陀にたすけられまいらすべし~という意見もでたが、 今期部会のテーマとなることからもう少し議論を重ねていこうとなりました。
第35回北海道宗教者懇談会
日時3月5日(月)
会場北海道教務所
内容講師 横田 耕一 氏(九州大学名誉教授)憲法学者
講題 『天皇退位騒ぎが私たちに突きつけたこと』
所感・報告憲法学者の視点から生前退位の問題を聞かせていただいた。
国の象徴として天皇と定められているが、私達がどれだけ天皇制の歴史や現在の公的行為(象徴的行為)の問題を知り考えたことがあっただろうか。
これから生前退位により元号か変わるが、テレビや新聞の情報だけではなく様々な視点から考えていきたいと思う。
第3回実行委員会(社会教化部門全体学習会)
日時4月16日(月)
会場北海道教務所
内容金石晃陽氏(社会教化部門幹事)による講義
現地学習
日時4月25日(水)~27日(金)
会場靖国神社(東京)など
内容東京の靖国神社を中心に文化センターアリランや東京大学安田講堂、求道会館などを見学。
アリランでは副理事長の宋富子(ソン・プジャ)氏から日本と朝鮮の歴史認識と活動の願いについてお話しを伺う。
今回感じた感覚が次年度に部会としてどう表現できるのか模索していきたい。
第4回実行委員会
日時5月17日(木)
会場北海道教務所
内容1、公開フォーラムの中島岳志氏講演録輪読
2、現地学習報告の確認
3、次年度の方向性の協議
4、6月5日旭川開催の「政教分離を考える北海道集会」参加
所感・報告 1年目を終えての実行委員から出た言葉として
「戦争とはどこまでも差別を生み出す構造そのものである」
「真宗の世界観に立って社会問題と向き合っていくことが大切であり、真宗の世界観とは大経の世界観・歴史観である」
「自分の外のことはよく見えるが、社会問題から内観し繋がっている視点が自分にはなかった」
「北海道開教と靖国問題をリンクして考えられないか」などが出された。
また、次年度は以前からある靖国のパネルをそれぞれの寺院に展示し見ていただいた門徒さんの声を聞き、それぞれが現場で靖国問題に立つことからスタートすることを話し合われた。