親鸞Web | 真宗大谷派 北海道教区 教化本部のホームページ

HOME公開講座

公開講座

  • 11月の公開講座

    • 日時11月13日(水) 18時~20時
    • 講師谷本晃久氏(北海道大学)
    • 講題北海道「開拓」の光と影

     十勝野に広がる美しい農地。190万都市札幌の煌めく夜景。北海道のこうした風景からわたしたちは、何を読み取ることができるのでしょうか? その影には、開拓移住者の労苦とともに、アイヌ民族の受けた、強制移住やマイノリティ化に伴う社会経済的不利益を被らざるを得なかった歴史があることを忘れてはいけません。
     また、150年前に松浦武四郎の提案した道名・国名に込められた意味を、武四郎の経歴や志士としてのスタンスを踏まえて検討すると、武四郎の帯びる「アイヌ民族との共生のモデル」という一般的なイメージとはやや異なった姿もみえてきます。こうした問題意識を踏まえ、おはなしをする場である札幌の個別具体的な歴史をも題材にとり、「北海道」150年の歴史をどう振り返り共有していくかについて考えます。

    谷本晃久(たにもとあきひさ) 専門は日本近世史。1970年、札幌生まれ。1998年、学習院大学人文科学研究科史学専攻博士後期課程を中退し同大学文学部助手。その後、北海道教育大学岩見沢校助教授などを経て、現在、北海道大学大学院文学研究院教授。著書に、『近藤重蔵と近藤富蔵』(山川出版社、2014年)、『北海道の西本願寺』(共編著、北海道開教史編纂委員会)、「近世の蝦夷」(藤井譲治編『岩波講座日本歴史』第13巻近世4、岩波書店、2015年)など。

    [ 2019.10.22 ] 

  • 10月の公開講座【終了】

    • 日時10月21日(月) 18時~20時
    • 講師蘭越町 金石晃陽氏(光福寺住職)
    • 講題ただ私一人のために

    真宗門徒は、毎日のお内仏、毎月の寄り合い、毎年の報恩講、葬儀、法事、様々な場において、繰り返し「正信偈」をお勤めしてきました。他の宗派と比べて、これほど宗祖の聖教を繰り返し読誦することは大変めずらしいことだと言われておりますが、真宗門徒はそれだけ親鸞聖人の言葉を大切にしようとしてきたということでしょう。
    当講座では、「正信偈に学ぶ」をテーマに、一文一文丁寧に学んでいきます。「正信偈」を通して、親鸞聖人からの呼びかけを共に聞いてみませんか?

    [ 2019.10.21 ] 

  • 9月の公開講座【終了】

    • 日時9月18日(水) 18時~20時
    • 講師余市町 亀谷 亨 氏(即信寺住職)
    • 講題そのままのお救い

    真宗門徒は、毎日のお内仏、毎月の寄り合い、毎年の報恩講、葬儀、法事、様々な場において、繰り返し「正信偈」をお勤めしてきました。他の宗派と比べて、これほど宗祖の聖教を繰り返し読誦することは大変めずらしいことだと言われておりますが、真宗門徒はそれだけ親鸞聖人の言葉を大切にしようとしてきたということでしょう。
    当講座では、「正信偈に学ぶ」をテーマに、一文一文丁寧に学んでいきます。「正信偈」を通して、親鸞聖人からの呼びかけを共に聞いてみませんか?

    [ 2019.09.20 ] 

  • 8月の公開講座【終了】

    • 日時8月2日(水) 18時~20時
    • 講師蘭越町 黒萩 昌 氏 (法誓寺住職)
    • 講題とこえ、ひとこえ、きくひと

    真宗門徒は、毎日のお内仏、毎月の寄り合い、毎年の報恩講、葬儀、法事、様々な場において、繰り返し「正信偈」をお勤めしてきました。他の宗派と比べて、これほど宗祖の聖教を繰り返し読誦することは大変めずらしいことだと言われておりますが、真宗門徒はそれだけ親鸞聖人の言葉を大切にしようとしてきたということでしょう。
    当講座では、「正信偈に学ぶ」をテーマに、一文一文丁寧に学んでいきます。「正信偈」を通して、親鸞聖人からの呼びかけを共に聞いてみませんか?

    [ 2019.08.20 ] 

  • 7月の公開講座【終了】

    • 日時7月3日(水) 18時~20時
    • 講師金沢教区 藤原 千佳子 氏(浄秀寺坊守)
    • 講題「正信偈」に学ぶ

    真宗門徒は、毎日のお内仏、毎月の寄り合い、毎年の報恩講、葬儀、法事、様々な場において、繰り返し「正信偈」をお勤めしてきました。他の宗派と比べて、これほど宗祖の聖教を繰り返し読誦することは大変めずらしいことだと言われておりますが、真宗門徒はそれだけ親鸞聖人の言葉を大切にしようとしてきたということでしょう。
    当講座では、「正信偈に学ぶ」をテーマに、一文一文丁寧に学んでいきます。「正信偈」を通して、親鸞聖人からの呼びかけを共に聞いてみませんか?

    [ 2019.06.15 ] 

  • 6月の公開講座【終了】

    • 日時6月13日(木) 18時~20時
    • 講師深川市 中岡 明秀 氏(敬德寺住職)
    • 講題「正信偈」に学ぶ

    真宗門徒は、毎日のお内仏、毎月の寄り合い、毎年の報恩講、葬儀、法事、様々な場において、繰り返し「正信偈」をお勤めしてきました。他の宗派と比べて、これほど宗祖の聖教を繰り返し読誦することは大変めずらしいことだと言われておりますが、真宗門徒はそれだけ親鸞聖人の言葉を大切にしようとしてきたということでしょう。
    当講座では、「正信偈に学ぶ」をテーマに、一文一文丁寧に学んでいきます。「正信偈」を通して、親鸞聖人からの呼びかけを共に聞いてみませんか?

    [ 2019.05.22 ] 

  • 5月の公開講座【終了】

    • 日時5月21日(火) 18時~20時
    • 講師坂東 元 氏(旭山動物園園長・獣医師)
    • 講題「動物から問われる人間の相」

    動物は、そのまま死を受け入れていく。死を認めるところで生がある。人間はあらがって環境さえも変え、不都合なものに蓋をする。さらに価値観を変化させていくんですね。動物は、今までも、これからも変わることはないでしょう。だから動物は常にお前の価値観は何だと問いかけているように思いますし、その問いかけを感じていくのが、動物園の大切な一つの役割だと思います。(中略)
    自分はもしかしたら仏さまに囲まれて生きていたのではないかなと思ったわけです。動物の相に自分の人間の相が教えられるんです。
    (『同朋新聞』12月号より抜粋)

    [ 2019.04.20 ] 

  • 4月の公開講座【終了】

    • 日時4月15日(月) 18時~20時
    • 講師札幌市 巖城 孝憲 氏(極楽寺住職)
    • 講題「正信偈」に学ぶ

    真宗門徒は、毎日のお内仏、毎月の寄り合い、毎年の報恩講、葬儀、法事、様々な場において、繰り返し「正信偈」をお勤めしてきました。他の宗派と比べて、これほど宗祖の聖教を繰り返し読誦することは大変めずらしいことだと言われておりますが、真宗門徒はそれだけ親鸞聖人の言葉を大切にしようとしてきたということでしょう。
    当講座では、「正信偈に学ぶ」をテーマに、一文一文丁寧に学んでいきます。「正信偈」を通して、親鸞聖人からの呼びかけを共に聞いてみませんか?

    [ 2019.04.01 ] 

  • 3月の公開講座【終了】

    • 日時3月19日(火) 18時~20時
    • 講師西本 祐攝 氏(大谷大学講師)
    • 講題「正信偈」に学ぶ

    真宗門徒は、毎日のお内仏、毎月の寄り合い、毎年の報恩講、葬儀、法事、様々な場において、繰り返し「正信偈」をお勤めしてきました。他の宗派と比べて、これほど宗祖の聖教を繰り返し読誦することは大変めずらしいことだと言われておりますが、真宗門徒はそれだけ親鸞聖人の言葉を大切にしようとしてきたということでしょう。
    当講座では、「正信偈に学ぶ」をテーマに、一文一文丁寧に学んでいきます。「正信偈」を通して、親鸞聖人からの呼びかけを共に聞いてみませんか?

    [ 2019.03.01 ] 

  • 2月の公開講座【終了】

    • 日時2月22日(金) 18時~20時
    • 講師秋辺 日出男 氏(阿寒アイヌ工芸協同組合専務理事・演出家)
    • 講題「共なる世界を願って」

    今なお、アイヌのルーツを人前で言えない人がいるのは大変な問題です。背景には道民の間に残る差別意識や無理解があると思います。アイヌ文化を発信し続けているのは、少しでも多くの人がアイヌのことを理解する入口になれば、という思いからです。
    この北海道でアイヌが努力すれば、さまざまな道を選べる社会にしたい。差別を受けていない人ができることを、差別を受けてきた人もできるような社会にしたい。それが実現するまで、舞台で歌や演技を披露し、店で木を彫り、アイヌについて語り続けます。
    (『北海道新聞』2018年4月11日掲載「こころ揺らす」より抜粋)

    [ 2019.02.01 ]