親鸞Web | 真宗大谷派 北海道教区 教化本部のホームページ

HOME公開講座11月の公開講座【終了】

11月の公開講座【終了】

  • 日時11月7日(水) 18時~20時
  • 講師清谷 真澄 氏(現地復興支援センター主任)
  • 講題「真のよりどころ」

それおもんみれば、人間はただ電光朝露の、ゆめまぼろしのあいだのたのしみぞかし。たといまた栄花栄耀にふけりて、おもうさまのことなりというとも、それはただ五十年乃至百年のうちのことなり。もしただいまも、無常のかぜきたりてさそいなば、いかなる病苦にあいてかむなしくなりなんや。まことに、死せんときは、かねてたのみおきつる妻子も、財宝も、わが身にはひとつもあいそうことあるべからず。
(蓮如上人 『御文』一帖目第十一通)

2011年3月11日、東日本大震災は私たちに生死無常の身の事実をまざまざと見せつけました。私たちは、いま、「真によりどころとすべきものは何か」ということが問われているのだと感じています。この『御文』で蓮如上人は「たのむべきは弥陀如来なり」と教えてくださっています。そして親鸞聖人は「火宅無常の世界は、よろずのこと、みなもって、そらごとたわごと、まことあることなきに、ただ念仏のみぞまことにておわします」(『歎異抄』後序)とおっしゃいました。そのおことばに共にたずねたいと思います。

[ 2012.10.15 ]