親鸞Web | 真宗大谷派 北海道教区 教化本部のホームページ

HOME公開講座6月の公開講座【終了】

6月の公開講座【終了】

  • 日時6月24日(月) 18時~20時
  • 講師白山敏秀氏(石狩市 生振寺住職)
  • 講題歎き

私の生まれた寺の門徒の古老達は、幼き「人は何で生まれてくるの」という問い掛けに、「おれらがこの世に生まれたのは仏様になるためだ」と、自愛あふれる眼差しで私を育ててくれた。決してめずらしい言葉ではなかったが、私はその言葉を踏みつけにしてここまでいたずらに歳を重ねた。その願いとは異なった願いを主(あるじ)として魔境に身を置き続けたのだ。
 曽我先生はその著『歎異抄聴記』の中で「異なるのは自分である」と言い切られた。異なるとは信心のまこととは異質だということである。違うということなら努力も実を結ぶかもしれないが、異質という次元の違いは何ともしようのない絶望を表す。私は曽我先生のこの「自分」になり得ているか。その事実を歎く賜りたる信心の誕生こそが仏道である。信心同一の座で異質を指摘された法然の弟子達は歎き得ただろうか。私は歎き得ているだろうか。

[ 2013.06.05 ]