親鸞Web | 真宗大谷派 北海道教区 教化本部のホームページ

HOME公開講座8月の公開講座【終了】

8月の公開講座【終了】

  • 日時8月5日(月) 18時~20時
  • 講師澤田秀丸氏(旭川別院輪番)
  • 講題「念仏とは」

『歎異抄』を貫いている精神は、言うまでもなく「念仏」であります。
 とくに第二章で念仏の信心が説かれているのを中心に、41回にわたって「念仏」が記述されていることからも知見することができます。
 ただ「南無阿弥陀仏」の文言は一箇所も見ることはありませんが、「称名はすなわちこれ最勝真妙の正業なり、正業はこれ念仏なり。念仏はすなわちこれ南無阿弥陀仏なり。南無阿弥陀仏はすなわちこれ正念なり」(『教行信証・行巻』P161)と念仏は南無阿弥陀仏であると教示されています。
 そして念仏は、「唱」名(名を声に出して読み上げる)ではなく、「称」名(仏名に適応する)念仏で「能く衆生の一切の無明を破し、能く衆生の一切の志願を満てたもう。」(同)仏のはたらきであります。
 私たちの無明を破し、志願を満てる南無阿弥陀仏とは、如何なるはたらきでしょうか。

[ 2013.07.25 ]