親鸞Web | 真宗大谷派 北海道教区 教化本部のホームページ

HOME公開講座10月の公開講座

10月の公開講座

  • 日時10月24日(木) 18時~20時
  • 講師浅野俊道氏(新十津川町樹教寺住職)
  • 講題「往生浄土の道」 ― 世を超えて世に生きる ―

宗祖親鸞聖人が自らの求道を通して開顕された仏道は「浄土往生の道」であった。
 すなわち、私ども人間界にあって浄土の世界(仏の世界)からの呼びかけに応答し浄土のいのちを根拠として生きる。そのことが人間の自覚(めざめ)に通じる道であると教えて下さったのである。
 浄土とは清浄の国土という意味であるが、天親菩薩の書かれた『浄土論』には、その徳を清浄功徳と表されている。
 そしてその文には

  観彼世界相 勝過三界道
  (彼の世界の相を観ずるに 三界の道に勝過せり)

と述べられ、浄土の徳相を観ることにおいてはじめて三界が流転の世界であることを知ることができる。三界とは欲界、色界、無色界を言い、人間が経験する経験領域の全体を指す言葉である。しかし、これら三界の相は、すべて生死流転の世界であり、そのことを本当に知らしめてくれる用きこそ浄土と宗祖は教示せられたのである。

[ 2013.09.30 ]