親鸞Web | 真宗大谷派 北海道教区 教化本部のホームページ

HOME公開講座11月の公開講座【終了】

11月の公開講座【終了】

  • 日時11月21日(金) 18時~20時
  • 講師波佐谷 宏昭 氏(第2組清浄寺住職)
  • 講題「仏を信じるということ」

浄土真宗は「本願念仏の教え」でありますが、もうだいぶ前から「念仏の声が聞こえなくなった」ということがよく言われます。合理的・理性的なものの考え方をする現代に生きる私にとっても、阿弥陀仏の本願を信じ、声に出して仏の名を称えるということは長い間、違和感があり、僧侶という立場でありながら、なかなか「声に出して一緒にお念仏申しましょう」と堂々と勧めることが出来ないということがありました。そこには『無量寿経』や『阿弥陀経』などの経典を知的関心の対象として学んでいても、そこに説かれている教えを生きるということがないということなのでしょう。そのように、どこまでも自らの理性や知性を信頼し、仏の教えを疑う私たちでありますが、現に本願念仏を依り処にして生き抜かれた念仏者の脈々とした歴史があり、私に南無阿弥陀仏という名号が届けられています。そのことの意義を共々に尋ねることが出来ればと思います。

[ 2014.10.17 ]