親鸞Web | 真宗大谷派 北海道教区 教化本部のホームページ

HOME公開講座6月の公開講座【終了】

6月の公開講座【終了】

  • 日時6月9日(月) 18時~20時
  • 講師小川 一乗 氏(真宗大谷派講師・大谷大学名誉教授・第19組西照寺住職)
  • 講題「念仏成仏」という仏道

親鸞聖人の真宗が、「念仏成仏」の教えであることを聞いたことがありますか。「成仏」(仏と成る) への切望なくして念仏を称えていませんか。

 仏教は、釈尊の等正覚 (お覚り)に同意して「仏と成る」教えです。人間だけが生老病死に苦悩していますが、どうしてでしょうか。自分の思い通りに生きたいという自我が人間に根付いているからです。釈尊は、その自を克服するために、自我を基本として 「私が我生きている」と思い込んでいても、実際には、ご縁のままに 「生かされている私」であるという「いのち」の在り方を発見され、自我から解放されて「仏と成った」のです。

 あなたは「生かされている私」であるという「いのち」の在り方に同意しますか。同意できたら仏教徒です。しかし、仏教徒となっても、相変わらず「私が生きている」という自我に束縛され苦悩していませんか。どうしたらよいのでしょうか。

 ご一緒に聞思しましょう。

[ 2014.06.01 ]