親鸞Web | 真宗大谷派 北海道教区 教化本部のホームページ

HOME公開講座10月の公開講座【終了】

10月の公開講座【終了】

  • 日時10月20日(月) 18時~20時
  • 講師巖城 孝明 氏(第4組専修寺住職)
  • 講題「声の仏さま」

「親鸞におきては、ただ念仏して、弥陀にたすけられまいらすべしと、よきひとのおおせをかぶりて、信ずるほかに別の子細なきなり」(『歎異抄』第2章)という言葉がある。
京都に居られる親鸞聖人が、命がけで訪ねてきた関東の同行に語った言葉だ。
 真宗の教えは「ただ念仏」の教えである。「念仏とはなんですか?」と問えば、現代でも多く人が「ナンマンダブツ、ナンマンダブツ・・・・・・」と自らの口で発語することだということを知っている。
 今から3年前、2011年に真宗本廟で750回御遠忌が厳修された。もうすでに、お浄土に還帰された多くの諸先輩から、その法要にお参りすることを勧められた。
 なぜなら、1961年の700回御遠忌の念仏は、大地から湧き起こるような響きがあったという。全国から集う同朋の念仏の中に身を置き、その名もなき念仏者の、それぞれの口から発語される潮騒の念仏を、この身で聞くことが御遠忌の意味なのだと。
 ところが近年、私たち真宗門徒にとって、もっとも大切な「声の念仏」が聞こえない。なぜ、生活の中で念仏を発語することが見失われてしまったのか。

[ 2014.09.17 ]