親鸞Web | 真宗大谷派 北海道教区 教化本部のホームページ

HOME公開講座1月の公開講座【終了】

1月の公開講座【終了】

  • 日時1月23日(火)18時~20時
  • 講師狐野 秀存 氏(大谷専修学院学院長)
  • 講題「往生極楽のみち」

「みんな、仏に成りたいと願って、この学院に入学したのです。」竹中智秀先生(1932~2006)は、大谷専修学院の歎異抄講義の第一声で呼びかけられました。たまたま寺に生まれたり、縁あって入寺することになって、とにかく真宗大谷派の教師資格を取らなければならない、ということで学院へやってきた学生たちは、いきなり「仏に成りたいと願っているのです」と言われてとまどっていました。しかし不思議なことに、一年間、歎異抄の講義を聞く中で、「仏に成りたい」とまでは言い切れないけれども、自分には願いがあるのだ、願いがかけられているのだという内面の声に気付き、顔を上げて卒業していくようになりました。『歎異抄』第二章で親鸞聖人は、関東から来た同行たちに、「ひとえに往生極楽のみちをといきかんがためなり」と声をかけています。この聖人の言葉を私どもへの呼びかけとして聞いていきたいと思います。

[ 2017.12.07 ]