親鸞Web | 真宗大谷派 北海道教区 教化本部のホームページ

HOME教化本部からのお知らせハンセン病問題公開講演会!

ハンセン病問題公開講演会!

13日、教務所において『ハンセン病問題班』と本山の『ハンセン病問題に関する懇談会第1連絡会』共催による公開講演会が開催され40名を超える方が参加されました。
第1部では講師に玉光順正氏より「なぜ大谷派がハンセン病問題に関わるのか」をテーマに諸師の言葉を紹介されながらハンセン病問題が私の問題となりうる根拠をお話しいただき、また第2部では本山の解放運動推進本部員である蓑輪秀一氏より「ハンセン懇の歩み」として『真宗』に掲載された記事を紹介されながらハンセン病問題の現状と活動をお話しいただきました。
会場後方には皆さんにより認知してもらえるようハンセン病問題に関するパネルも設置されていました。
このパネルは貸し出しも出来ますので、組や御寺院の学習会にもご利用になれます。ご希望の方は教務所までお問い合わせ下さい。
  

  

  

[ 2018.12.13 ] ハンセン病問題班