親鸞Web | 真宗大谷派 北海道教区 教化本部のホームページ

HOME教化本部からのお知らせ靖国問題研究部会②(web会議)

靖国問題研究部会②(web会議)

12月16日午後3時から靖国問題研究部会の第2回実行委員会が開催され、前回同様ZOOMを利用したweb会議となりました。はじめに幹事挨拶の後に実行委員一人一人がレポート(「信の回復」を読んで)を発表し、感想を述べる時間が設けられました。

〇「自分自身が良否、正誤という対立の判断に留まってしまっている」

〇「今まで靖国神社に対して疑問を持っていなかった自分を知らされた」

〇「靖国というものを求めざるを得ない心を持っている私、迷っている私を悲しんでおられる、それが如来のお心ではないか」

〇「内なる靖国という言葉が現時点では腹に落ちない」

などの声が上がり話し合いの中では、「社会問題から自己の信が問われていくような在り方を表現し、それぞれのアプローチからどのように信の回復に気付いていけるのかが大事なのでは」という意見交換と来年以降予定している部会内学習会の講師選定について話し合いが行われました。本会議では決定できませんでしたが年内に決定したいと思います。また、来年3月2日に予定されている「宗教者懇談会」については、開催時間を短縮し人数制限をした上で開催したいという意向を確認し、懇談会放映予定の「仏教と戦争」(KTⅤ)を試写しました。今後協賛団体と折衝し、決定次第お知らせ致します。

次回実行委員会に向け、各自『靖国問題資料集』に収められている「高橋哲哉氏講演録」を読み、レポートを作成します。レポートを通してそれぞれが感じたことを表現し、より深い学びにしていきたいと思っております。 (実行委員 黑萩貴仁)

[ 2020.12.21 ] 靖国問題研究部会