親鸞Web | 真宗大谷派 北海道教区 教化本部のホームページ

研修部会④

4月12日15時より第4回実行委員会がzoomを使用しweb会議として行われた。

まず部会長が、既に全カ寺発送済みである公開学習会「是旃陀羅」開催要項の呼びかけ文の文言について、教区内の方より重要な指摘を受け、改めて問い返されたことを話された。その上で、先日ライブ配信された本山のお待ち受けシンポジウムでの「‶まこと〟ということを如何に正確に言葉化していけるかということが、私たち宗教者のつとめであると思う」という楠信生氏の言辞に、言葉を尽くして、また精査をして呼びかけることの難しさと、宗祖の精神に立ち返る学びの大切さを確認し、学習会当日の日程や参加者にご協力を願うアンケートの内容等を協議した。

新任住職研修会については、チーフより集会型とリモート型の日程説明があり、今後の状況に応じた対応をとることが確認された。

次年度実施事業計画については

①新任教師研修会

②得度研修会

③法話研修会

④教化伝道研修会

⑤推進員教習担当者研修会

⑥公開学習会「是旃陀羅」

⑦新任住職研修会(隔年開催)

の趣旨を一つ一つ確認し、本来ならどの研修会も大切な教化事業であり実施したいところだが、それら全てを実施することは可能かどうか、また実施可能な形態や日程はどのようなものか等を協議した。

私自身これまで様々な研修会に何気無く参加させて頂いたのだが、その背景には教区の諸先輩方が御苦労しながら研修会を丁寧に作り上げてきた歴史があるのだと今更ながら思うことである。

(報告者 曽我隆信)

[ 2021.04.16 ] 研修部会