青年研修部会③

5月17日(水)14時より、青年研修部会3回実行委員会がオンラインで開催されました。今期最後の実行委員会として、2022年度下半期教化事業の反省と検証、次期への引き継ぎ事項の精査および教化事業計画案について話し合われました。

 下半期に行われた「おんぽう」の反省として、参加者の約半数が道外からの参加であり、オンラインで参加できる場があるのはありがたいという多数の声がありました。当事業はコロナ禍を縁として企画されてきましたが、次期以降も様々な事情で集会での参加が難しい方々の教えを聞く場として開いていただきたいと話し合われました。一方で、参加者に占める寺院関係者の割合が大きかったことから、参加対象を確かめながら企画・声かけをしていくことが課題として挙げられました。

 今期3年間を振り返れば、コロナ禍においてこれまでに大切にされてきたことを守りながら、新しい形を懸命に模索してきました。だからこそ各教化事業に丁寧に向き合い、皆で協議を重ねながら進めていくことができたのではないかと感じます。今期の中で確かめられてきたことをしっかりと引き継いでいきたいと思います。

(報告者 吉田隆徳)

[ 2023.05.19 ] 青年研修部会