得度研修会

2024年1月10~12日にかけて得度研修会が子ども班11名、大人班11名(うち、付添参加2名)の参加者で開催されました。

子ども班講師は秦智秀氏(北第3組)「願っていること」と「願われていること」、大人班講師は仁禮秀嗣氏(第1組)「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」という講題でそれぞれの班でお話をしていただきました。

子ども班声明講師は曽我朋寛氏(第4組)で言葉を大切にお勤めしてほしいと一文字一文字丁寧に教えていただきました。大人班声明講師の鳥毛浄生氏(第17組)は毎日の日程終了後に大人班の参加者全員からの要望で講堂にて遅くまで声明の練習をしていただきました。

それを見ていたのか、2日目には子どもたちから子ども班講師に声明を教えてほしいとお願いがあり、図書室で練習しました。参加者が得度式にかける熱い思いが伝わってきたことであります。

嘱託スタッフとして小山眞優氏(第17組)、齋藤誓子氏(第18組)におかれましては、日程中ずっと参加者一人一人に寄り添って助言していただきました。

今年度からコロナ前の2泊3日研修センターに宿泊するというスケジュールに戻して開催したため、人とのつながりが深められる内容の濃い研修会になったと思います。

(報告者:曽我 隆信)

[ 2024.01.19 ] 研修部会