親鸞Web | 真宗大谷派 北海道教区 教化本部のホームページ

HOME社会問題研究部会

社会問題研究部会

社会問題研究部会長 宮本尊文

社会問題研究部会では、今期も引き続き「ハンセン病問題班」「死刑制度問題班」「原発問題班」の3班体制で活動を行います。
 真宗僧侶として社会問題に対峙する事の意識を共有し、お聖教(道理)と現実(現場)から社会問題を人間(私)の問題として学ばせていただきたいと考えて居ります。
部会に対しまして教区内皆さまのご理解ご協力を宜しくお願い致します。

※社会問題研究部会は、ハンセン病問題班、死刑制度問題班、原発問題班にて構成されております。
ハンセン病問題班
死刑制度問題班
原発問題班

社会問題研究部会員 
( 任期:2020年8月1日~2023年7月31日 )

部会長宮本尊文 (第4組 顯浄寺)