HOME社会問題研究部会

社会問題研究部会

社会問題研究部会長 森口 至

 第9期教化本部の社会問題研究部会では、前期に引き続き「ハンセン病問題班」、「死刑制度問題班」、「原発問題班」の3班体制で活動して参ります。
 前期はコロナ禍ということもあり、社会的状況を考慮しながら各関係者との交流を図ってきました。現在はその状況も緩和されつつありますので、各関係者との関わりの修復と継続を課題として取り組んで参りたいと思います。
 また、先んじて社会問題を自らの問題として向き合い続けている人や、苦悩さている人に直接会って、その人たちの声を聞くことを通じて、今起こっている現実とその現場から社会問題を人間(私)の問題として学ばせていただくことを部会のテーマとして活動して参ります。
 教区内の皆様におかれましては、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申しあげます。


※社会問題研究部会は、ハンセン病問題班、死刑制度問題班、原発問題班にて構成されております。
ハンセン病問題班
死刑制度問題班
原発問題班

社会問題研究部会員 
( 任期:2023年8月1日~2026年7月31日 )

部会長 森口  至 (第9組 眞宗寺)