親鸞Web | 真宗大谷派 北海道教区 教化本部のホームページ

HOME差別問題研究部会

差別問題研究部会

差別問題研究部会長 澁谷真明

東本願寺における「北海道開教」事業を人権問題、殊にアイヌ民族差別の視点から見直し、検証していくことを活動テーマとします。

「北海道開教」は、明治政府による北海道開拓という「国策」に宗門を挙げて応答する形で開始されました。そして、その開拓事業は、内地からの植民による土地の開発のみならず、先住民であるアイヌ民族の人々が有していた独自の言語、宗教、文化を否定し、「日本国民」への同化を強制することに帰結しました。

こうした歴史的経緯を丹念に見直し、検証する時、私たちは大谷派教団における信心が近代、そして現代の人権問題とどう向き合ってきたのか、という問いを共有できるのではないでしょうか。

この課題を宗祖の教えに尋ね直し、現在の私たちの聞法生活のありようを見つめ直して
いきたいと思います。

差別問題研究部会員 
( 任期:2020年8月1日~2023年7月31日 )

部会長澁谷真明(16組 聖台寺)
実行委員熊澤 覚 (第4組 大満寺)
竹村貴士 (第15組 常樂寺)
片岡龍一 (第16組 勝龍寺)
澁谷界雄 (第20組 龍谷寺)